大阪で難症例でも対応可能の大阪デンタルクリニック


用語集

インプラント治療の用語はどうしても専門的でわかりにくい言葉が多いことと思います。
当院ではなるべく患者様に分かりやすい言葉を使用してご説明しておりますが、
再度見積書などに書いてあることを確認したい場合はこちらをご参照ください。

インプラント治療 チタンで作られた人工歯根をあごの骨に埋入して、歯のないところに人工歯で機能を回復させる治療法(自費診療)
インプラント部品名
インプラント体 埋入する人工歯根の事
フィクスチャー 埋入する人工歯根の事
アバットメント インプラント体(人工歯根)と人工歯の間の接合部の事
インプラントメーカー インプラント関連の製造元
人工歯 歯として見える部分の事(セラミックから金属で作られた歯まで、様々な種類があります。)
人工歯の種類
セラミック 陶器に似た材質で、この中にも様々な材質があります。
オールセラミック すべて上記のセラミック素材で作られた歯の事を言います。
e-max(いーまっくす) オールセラミックの中でもブランド名を持った最高級のセラミックです。
透明感のある審美性と、オールセラミックでありながら高い曲げ強度が特徴です。
※世界的歯科メーカー:イボクラールビバデント社が開発した素材です。
当院使用のオールセラミックです。
ジルコニア オールセラミックの中でも、硬度は最も高く、耐摩耗性はダイヤモンドに引けを取りません。
また生体親和性が高いのも特徴で、歯科だけではなく、人工関節などの分野にも期待されている素材です。
しかしながら、色味にデメリットがあり少しパール味がかった素材の質感があります。
ですので臼歯部(奥歯)に使用されることが多いです。
ジルコニアボンド/ジルコニアセラミック オールセラミックの審美性とジルコニアの強度の両方を併せ持つ最高級のセラミック歯です。
歯科技工士が丹念にジルコニアの歯の芯に審美性の良いセラミックを焼き付けして作成します。
しかしながら、オールセラミックやジルコニアよりも高価になってしまいます。
メタルボンド ジルコニアボンドと同じように、金属の芯に審美性の良いセラミックを焼き付けした人工歯。
ジルコニアボンドに比べると審美性は劣ります。
金歯 金で作られた人工歯
銀歯(FCK) 銀ではなく金銀パラジウム合金で作られた人工歯(FCK=フルキャストクラウン)
ハイブリットセラミック セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混ぜて作られた人工歯
レントゲンの種類
レントゲン X線を照射して、体内を撮影する事
デンタルレントゲン 歯科に特化したレントゲンで、歯の一部分などのレントゲンを撮ることができる。
パノラマレントゲン 歯の状態をパノラマ状に撮影して口腔内全体の様子を撮影する事。
CTスキャン(3Dレントゲン) 360度からレントゲン撮影することにより、立体的に体内を撮影可能にします。
セファログラム(頭内X線規格写真) 矯正歯科で多く用いられる撮影方法でとられたレントゲン写真の事。
頭部を側面からレントゲン撮影を行う事によって、矯正歯科における治療計画や診断を行うためのレントゲン写真。
あごの骨がなくなり、歯が抜ける原因
歯周病 歯周病とは、歯と歯肉の隙間にある歯周ポケットなどが菌の温床になって、炎症などを起こすこと。
骨吸収(歯周病菌による) 歯周病菌があごの骨に到達すると、ご自身の体の防衛機能によって、感染した骨の部位を体に吸収してしまいます。このことによって、歯の土台を失い、歯が抜けてしまいます。
骨吸収(時間経過による) 歯を抜けたままにしていると、ご自身の体が不要な部分と判断して、体内に吸収されていってしまいます。
骨造成法の種類・関連事項
骨造成法 顎の厚みや幅がインプラント治療に耐えられない場合、骨を様々な方法で補強する方法
ソケットプリザベーション 歯がまだある場合に、骨に空いている抜けた穴を早く治すために骨補填材を流し込み、治癒期間を早めます。
GBR法 骨の足りない部分に骨補填材を流し込み、骨を作成します。
スプリットクレスト法 骨の幅が足りない場合に、骨を切って広げ、その中に骨補填材を入れて骨の幅を増やす方法。
ソケットリフト法 インプラントの埋入予定の場所からドリルであごの骨に穴をあけ、上顎洞(上あごのすぐ上にある空洞)とあごの骨の境目にある粘膜(シュナイダー膜)を押し上げ、その隙間に骨補填材を流し込み、骨を作る治療法。
サイナスリフト法 歯肉側から切開して、上顎洞(上あごのすぐ上にある空洞)とあごの骨の境目にある粘膜(シュナイダー膜)を押し上げ、その隙間に骨補填材を流し込み、骨を作る治療法。
ブロック骨移植法 ブロック状の骨を移植して、そこにインプラントを埋入する方法。(骨の種類は様々ございます。)
麻酔
局部麻酔 通常歯科で使われる麻酔です。
インプラント治療では、通常の歯科治療の際よりも多くの量と、時間をかけて麻酔していきます。
静脈内鎮静法(セデーション) 鎮静薬を血管内に注入し全身管理を行い、意識のほぼないままに手術を行うことが可能です。
静脈内鎮静法には知識のある麻酔科医と設備が必要となります。
※当院でも別途お費用で可能です。
治療後について
プロビジョナルレストレーション 最終の歯をかぶせる前に試作の歯(プロビジョナルクラウン)を作り、
使用いただきお口の中に問題がないかテストする方法。
インプラントメインテナンス(検診) インプラントには神経が無いので異変に気付きにくく、
ある日突然インプラントが抜けてしまうなんてこともあります。
理由はインプラントも健全な歯と同じく歯周病に似たインプラント周囲炎というものにかかります。
インプラント治療後もしっかりと歯科医院にかかり、第3のご自身の歯を失わないために、事前の予防が大切となります。
その他、歯の欠損における治療法
入れ歯治療(義歯・デンチャー) 入れ歯で欠損部分の歯を補う治療法
ブリッジ治療 歯がない部分の両サイドの歯を土台にして橋を架けるように、人工セラミック歯で歯のない部分を補う方法。
治療区分について
保険診療 国が定めた治療内容によって、治療費の*7割を国が負担してくれる診療の事を言います。
患者は保険加入の証である保険証の提示を行い、クリニック窓口で*3割の治療費を支払います。
※負担割合は保険種別による。
自費診療(自由診療) 保険適応外の診療を自費診療(自由診療)と言います。
治療費はすべて患者ご自身で支払います。(10割負担)
国が定める補助制度
医療費控除制度 支払った医療費が一定額を超えるときは、
その医療費の額を基に計算される金額の所得控除を受けることができます。
(※引用:国税庁ホームページ|No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除))

この他にも様々な用語がございます。わからないことなどございましたら、何なりとクリニックにご相談ください。


無料カウンセリング実施中
ご来院の際はお間違えないようお願いします

当院は「大阪デンタルクリニック」でございます。

大阪デンタルクリニック

大阪・梅田周辺には、当院と名前が似たクリニックがたくさんございますので、お間違えのないようご注意ください。

当院の名称は「大阪デンタルクリニック」です。
詳しくは下記ボタンにて、大阪デンタルクリニックのホームページをご覧ください。


医療広告ガイドラインに準拠した治療に関するご説明
【治療内容】 :人工の歯の根をあごの骨に埋め込み、それを土台として人工の歯を作製します。【 標準費用(自費・税別)】 :24万円、30万円、40万円の3プラン 【治療期間・回数】 :口腔内の状況や治療内容により異なります。【副作用やリスク】 :1、治療には手術を伴います。2、重度の歯周病がある場合脱離のリスクが高くなります。3、体質等によりインプラントと骨の定着が困難な場合があります。4、骨の状態により増骨等の処置が別途必要になります。5、全身疾患の持病がある場合はインプラント治療が適用できない場合がございます。主治医にご相談ください。
当院のインプラント治療について詳しくはこちらをご覧ください。内部リンク:インプラント治療について