大阪で難症例でも対応可能のインプラントセンター大阪DC


歯牙欠損部分における、
インプラント治療以外の治療方法

歯牙欠損

当センターはインプラントセンターではありますが、
インプラントが適用できない患者様に適切な代替治療を提案できてこそ、
インプラント治療、欠損歯治療のプロフェッショナルであると考えています。
治療には一つ一つ、メリットとデメリットがあります。
ですので、患者様一人一人に合った、適切な治療計画の元、
ご提案させていただきます。


インプラント治療

インプラント

チタン製等(人体と結合する素材)を歯が欠損した場所に埋入し、機能を回復させる治療法
※ある特定の生体親和性の高い物質が体内に入ると、人体と結合する性質(オッセオインテグレーション)を用いた治療法



インプラント治療ページ

ブリッジ治療

ブリッジ治療

保険のブリッジ治療はもちろん、セラミック等を用いた治療面・審美面に優れた人工歯を取り扱っております。
もちろん、天然歯を支台にするブリッジもあれば、インプラントを支台にするブリッジもございます。



入れ歯治療

入れ歯

保険の入れ歯はもちろん、自由診療において様々な種類の入れ歯の取り扱いがございます。



・ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金具を使わない、柔らかな入れ歯です。
金具が無いので見た目的にも良いですし、フレキシブル(柔軟)なので、口腔内に適合しやすいです。
ただし、この入れ歯の固定源は既存の歯も利用するため、歯がすべてない人には向かない場合もあります。



・金属を床(しょう)の部分に用いた入れ歯

通常、保険のプラスチック製の入れ歯だと、床(しょう)と呼ばれる、底面の部分も厚みのあるプラスチックでおおわれてしまいます。
その場合、食べ物の温度や味覚などが遮られてしまい、おいしく食事ができません。
また、プラスチックが固定源となるので、歯肉の上で滑りやすく、噛む力も弱くなってしまいますが、
この部分に金属を用いることにより、金属でしっかり固定でき、厚みも少ないので、
食べ物や飲み物の、温度や味、触感がわかりやすく、おいしく食事をすることができます。



インプラントと入れ歯の併用

オーバーデンチャー(上顎)
オーバーデンチャー(下顎)

インプラントオーバーデンチャーと呼ばれる方法で、
骨が十分にある部分だけに数本インプラントを埋入し、その上部に入れ歯と接合する、アタッチメントを取り付け、
入れ歯の固定源を確保します。

歯がすべてない人にオススメの治療法の一つです。

そのことにより、しっかりと入れ歯が固定できるため、歯肉の部分の面積の少ない入れ歯が適用でき、
食事の時の食べ物を噛むときには、入れ歯の固定源が歯肉ではなく、顎骨が固定源となるため、
強い咀嚼力が可能となります。


それぞれの治療料金も料金表ページに記載しております。

ぜひ、歯が抜けてしまったりしてお困りの方は、欠損し治療のプロフェッショナルである当院に一度ご相談ください。


料金表ぺージへ

トップページに戻る






ご来院の際はお間違え無きようお願いします

当センターは「大阪デンタルクリニック」でございます。

大阪デンタルクリニック

 周辺には名前が似たクリニックがたくさんございますので、お間違え無きようお願いいたします。
インプラントセンター大阪DC(デンタルクリニック)は大阪デンタルクリニックです。
詳しくは下記ボタンにて大阪デンタルクリニックのホームページをご覧ください。